FC2ブログ












絵画競売 

クリムトの代表作「アデーレ・ブロッホバウアーの肖像II」が、8,790万ドル(約103億6,000万円)で落札。今年6月にニューヨークの美術館ノイエギャラリーが1億3,500万ドル(約159億円)で購入した「肖像I」に次ぐ高値。残る3作品「ブナの森」「アッター湖畔のウンターアッハの家々」「林檎(りんご)の木」も競売に付され、落札額は4作品で1億9,200万ドル(約226億円)に達し、落札総額が1シーズンとして初めて10億ドルを突破、一気に約13億ドル(約1530億円)に達している。

また、米国のアンディ・ウォーホルが描いた毛沢東の肖像も競り落とされたが、競売商の手数料も含めた最終落札額は1740万ドル(約20億円)に達し、ウォーホルの作品では過去最高になった。これに先立つ8日の競売では落札総額が4億9000万ドル(約580億円)を超え、1日当たりの記録を一気に倍近くにまで更新した。まさに絵画バブルといったところでしょうか?絵画を買っても飾る所も金もないからなぁ…。美術館行ってみてるだけでいいやw
スポンサーサイト




[2006/11/18 12:29] 絵画 | TB(0) | CM(0)

最後の晩餐 

LV3-3.jpg「貴方たちの中に裏切りものがいる」というキリストの言葉。 それに動揺する弟子たち。「最後の晩餐」では背後に十分な 空間を感じさせ、弟子たちをバランスの取れた配置で描かれています。 また弟子たちの表情は内面の動揺が現れており ダ・ヴィンチの観察力が生かされた名作です。そろそろダ・ヴィンチコードのDVDが出るかな^ー^
本物をみにいこう…
海外自由旅行のグローバルトラベルオンライン!


いや自分で書くw…
グラフィックデザインDTP を身につけたいっ!★ヒューマンアカデミー★

[2006/09/23 00:26] 絵画 | TB(0) | CM(0)